お庭の用語集

正真木(しょうしんぼく)

江戸中期以降に流行した自然主義庭園の中で、その庭の中心となる木のことで、築山の上や中島など庭園の中心に松などを植えること。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

お問い合わせフォームへ

庭創作倶楽部とは

エリア内の施工店を探す 石川県

庭創作倶楽部 石川版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー